はじめての方へ

「スワップアービトラージ」とは?

アービトラージ取引とは一般的に価格差や金利差を利用して売買し、利鞘(りざや)を稼ぐ取引手法のことです。「スワップアービトラージ」とは、スワップポイントの“差”を狙い、同一通貨ペアの買いポジションと売りポジションを同時に保有する事により、為替変動リスクを限定し、スワップポイントの差のみを取る(鞘取り)手法です。

スワップポイントは、カバー先によって異なります。例えば、以下のような場合、A社にて[豪ドル/日本円]を10万通貨買い、C社にて10万通貨売ることで、上記の「スワップアービトラージ」が完了します。この場合、1日200円のスワップポイント差を受け取ることが出来ます。なお、各社のスワップポイントが変動しないとし、 [豪ドル/日本円]が円安(円高)に変動した場合においても、A社で為替差益(差損)が発生し、C社では為替差損(差益)が生じているため、全体では為替変動によるリスクが限定できます。

カバー先 A社 B社 C社
買い 売り 買い 売り 買い 売り
豪ドル/日本円
スワップポイント
(10万豪ドルあたり)
一番高い買いポジ710 -740 700 -700 500 一番安い売りポジ-510

「スワップアービトラージ」のメリット・デメリット

メリット

・為替変動リスク限定運用。
・金融機関向け優遇条件により低コスト運用。
・ディーラー、自動売買等の価格変動差益追求型ではない。
・自身での取引判断(管理)が不要。

デメリット

・金利情勢により期待通りの結果とならない場合もある。
・カバー取引先の条件変更により期待通りの結果とならない場合もある。
・毎月一度しか運用状況が確認できない。

ファンドスキーム

scheme_img

営業者等概要

営業者

会社名 クラウンファンド合同会社
登録/加入協会等 適格機関投資家等特例業務届出業者
設立 2015年1月16日
主な業務 集団投資スキーム持分の募集、運用、管理業務等
代表者名 【代表社員】阿見 浩幸
住所 東京都中央区日本橋茅場町1-9-2 稲村ビル3F
連絡先 03-6327-1367
ホームページ http://www.crown-fund.com

適格機関投資家

会社名 金融商品取引業者【投資運用業、第二種金融商品取引業、投資助言・代理業】
日本エンジェルズ・インベストメント株式会社
登録/加入協会等 関東財務局長(金商)第922号
一般社団法人日本投資顧問業協会
設立 2000年6月8日
住所 東京都千代田区麹町3-5-4麹町インテリジェントビル4F
ホームページ http://www.naic.co.jp/index.html

会計事務委託先

会社名 悠和会計事務所
業務内容 ファンド監査及びファンド関連業務
設立 2011年1月
住所 東京都中央区銀座1丁目20番14号 銀座NKビル3F
ホームページ http://fundaudit-yuwa.net/